サンプルイメージ
 

活動実績

2016年12月23日
第一回「天岩戸開神事」
第一回「天岩戸開神事」写真1
第一回「天岩戸開神事」写真2
第一回「天岩戸開神事」写真3
第一回「天岩戸開神事」写真4

天皇誕生日の夕刻5時半より、天の岩戸開きの御神事が厳かに執り行われます。この御神事は、過去最大級の壮麗な御神事となります。

天照大神(アマテラスオホミカミ)の神様は、太陽神であるとともに、実は、私たちの心の中にも宿っています。それが、真ん中の心―真心として宿る、まことの心です。
真ん中の心に留めおく、内なる神性が表に出ることは、私たちの真の喜びであり、まわりや、社会、そして、自凝島(おのころ島・地球)全体の喜びでもあります。もちろん、そんな姿をみて、神様たちも、喜ばれることでしょう。

心の岩戸を開き、天(アマ)なる心を持ちて生きる、アマテラスびととなって、
この世界を、明るく朗らかに、照らしだす。
時は、今。主役は、私たち。目覚めよ、一人ひとりのアマ(天)テラス!
内なる灯りに照らし出され、外なる世界を照らしゆけ!

2016年10月1、2日
平成28年度 秋の集いと
特別会員様限定「清き水の故郷、貴船シークレットツアー」
平成28年度 秋の集い写真1
平成28年度 秋の集い写真2
平成28年度 秋の集い写真3
平成28年度 秋の集い写真4
貴船シークレットツアー写真1
貴船シークレットツアー写真2
貴船シークレットツアー写真3
貴船シークレットツアー写真4

今年は、神社だけではなく、御仏の世界からも学ぶことが多く、今秋の集いのメインは、南禅寺禅センター光雲寺にて、座禅と法話、お抹茶、写経を学ぶことになりました。
この会を通して、日本人の深層意識に深く根付いている仏教が目指す世界を、五感をもって体感し、お一人おひとりの暮らしにお役立ていただけたらと思っております。
秋の始まりの柔らかな日差しの中で、南禅寺境内を散策し、写経や座禅で心のお掃除と、日本の伝統的精神性を学び、皆で美味しい御料理に舌鼓を打ちましょう。

尚、翌日には、特別会員様限定でのシークレットツアーがございます。
場所は貴船方面にまいります(お食事付です)。

貴船は「はらいうた」のふるさとの波動を持つところでもあります。
こちらも、味わい深く代えがたい研修会になるものと思われますので、特別会員の皆様は、ぜひご参加いただけますと嬉しく思います。

2016年8月6日
第二回「ご神事お作法研修会」
第二回「ご神事お作法研修会」写真1
第二回「ご神事お作法研修会」写真2
第二回「ご神事お作法研修会」写真3
第二回「ご神事お作法研修会」写真4

この研修会は、和の心を身体を持って学び、今後のよりよい生活へと生かしていく研修会であると同時に、年末12月23日に開催されます「天岩戸開神事」における、巫女・彦役として御神事を勤めていただくための大切な研修会となります。 「天岩戸開神事」は、河内圀一宮枚岡神社の正面階段を全て使って行なわれ、神事に携わる方が総勢百名余りという大きな御神事となるようです。

その中において、天の岩戸を開く際の、大きな大役を担うことになったのが、当会であり、「開けの(明けの)うた」となったことは、本当に、有難くもったいないことだと思っております。会員一同、心を込めてお勤めできたらと思っています。

2016年4月22日
平成28年度 春のつどい
平成28年度 春のつどい写真1
平成28年度 春のつどい写真2
平成28年度 春のつどい写真3
平成28年度 春のつどい写真4

このたび当会は、 4月21日に枚岡神社様で開催されます神事作法研修会に続きまして、 翌日の4月22日、平成28年度(社)あけのうた雅楽振興会・春のつどいを 開催させていただくことになっております。 春のつどいでは、雅楽生演奏による、新生あけのうたの奉納式、 雅楽演奏会、及び、はせくら代表による講演会と、 直会(なおらい)交流会を予定しております。

また、この日は、皆様と一緒に、「あけのうた」だけではなく、 祭りばやしが聴こえてきそうな「七福神祝詞」も境内にて朗詠し、 これからの世の安寧と弥栄を願って、言祝ぎをしたいと思います。 拝殿にて奉納される、雅楽の音色と、清流が流れるせせらぎの響きに耳を澄ませ、 春色真っ盛りの、若緑の風景と、心を響き合せていただければ幸いです。

2016年4月21日
和の心を全身で体感する神事作法研修会
和の心を全身で体感する神事作法研修会写真1
和の心を全身で体感する神事作法研修会写真2
和の心を全身で体感する神事作法研修会写真3
和の心を全身で体感する神事作法研修会写真4
和の心を全身で体感する神事作法研修会写真5
2015年12月23日
枚岡神社 お笑い神事と年越し直会
お笑い神事写真1
お笑い神事写真2
お笑い神事写真4
お笑い神事写真3

さて、早いもので今年もあと一か月ちょっととなりました。和の心で世界を結ぶこの会の、今年最後の親睦と皆様の来年の弥栄を願って、枚岡神社「お笑い神事」を一緒に参加し、そのあとでみなさんで楽しく直会を致しましせんか?

注連縄掛神事—通称「お笑い神事」とは、御祓いのあとで、宮司の先導のもと「あっはっはっー」と笑い、その後20分間みんなで自由に大いに笑いあうというものです。20分間笑うなんてできるかな? と思うかもしれませんが、笑っているうちに本当に可笑しくなって、笑い続けてしまうことが出来るのです。そうして、お腹の底から、理屈を超えて、生きる歓びや楽しさ、共感の力が湧いてくる、素晴らしい御神事です。こうして、心の岩戸が開かれるのですね。

2015年12月13日
波の上宮 奥の院 奉納
波の上宮  奥の院 奉納写真
2015年11月7日
ドイツ「日本語と日本文化の深層」の講演(ザールラント大学)にて
雅楽の紹介及び朗詠
ドイツ 「日本語と日本文化の深層」の講演(ザールラント大学)にて雅楽の紹介及び朗詠写真
2015年11月1日〜2日
春日大社 秋の集い 奉納
春日大社秋の集い奉納写真1
春日大社秋の集い奉納写真2
春日大社秋の集い奉納写真3
春日大社秋の集い奉納写真4

このたび、今年の大きな行事でもございます、雅楽の生演奏、ならびに春日大社での正式参拝と奉納の会が執り行われることになりました。 世界遺産・春日大社では境内の特別な場所におきまして、巫女鈴の清浄な音色と共に奉納をさせていただく予定です。

また、参拝後は、楽人様たちの雅なしらべを聴きながら、世界最古のオーケストラがもたらす悠久の世界観を、全身で体感していただければと思います。祈りと音と和の世界を結ぶ、はせくら代表の講演もございます。

尚、特別会員様におかれましては、その後、引き続き、雅楽の調べに触れながらのお食事会(交流会)を予定しており、翌日には、ミニツアー(お茶会あり)もございますのでどうぞ楽しみになさってください。

2015年8月23日
幣立神社 五色神祭 奉納
2015年8月9日
厳島神社 正式参拝と奉納式&食事会
厳島神社奉納写真

戦後70周年の節目となるこの年、厳島神社にて、静かで強い決意のもと、正式参拝と奉納式をさせていただくことになりました。 尚、奉納は、国宝となる拝殿前にて、皆様の御唱和と鈴振りによる、「あけのうた」謡の奉納となります。

志を共にした皆様方と、心を一つに合わせ、日の本の国の平和と弥栄、そして世界、地球の夜明けを願い、 祈り、謡わせていただければと願っております。

2015年7月1日〜2日
出雲大社 奉納と出雲祈りの旅
出雲大社写真1
出雲大社写真2

特別会員様限定 第1回「出雲祈りの旅」です。
訪問地ではせくら代表による講和や祝詞の奏上、あけのうたの奏上させていただきました。

出雲祈りの旅の途中、自然の息吹きに抱かれながら、心を静かに合わせていくと、古代からの叡智、神々の息遣い、今へと続く、祈りの響きが、空間を満たしているのを感じます。

ああ、こうしてわたくしたちは、神々、先祖、天と地、すべての願いと祈りが込められていた結晶として、今の自分となれていたのですね…。

2015年5月3日
岩木山神社(青森県) 奉納奏上
2015年4月22日
枚岡神社(河内一之宮) 奉告祭(奉納朗詠)
枚岡神社(河内一之宮)奉納朗詠写真1
枚岡神社(河内一之宮)奉納朗詠写真2

元春日の枚岡神社で、素晴らしい清涼な気の中、第一回あけのうたのしらべを開催させていただきました。
元宮内庁楽師様たちによる雅楽の生演奏は、クラクラするほどの悠久の調べでした。
1400年の響きそのままに、いにしえびとの感性の高さに驚かされます。
聖なる森に囲まれた国―日本。祈りと愛とつつましやかさに包まれて…。

2015年4月7日
陸奥国一宮 鹽竈神社(宮城県)奉納奏上
2015年4月6日
一般社団法人スーパネスンスアカデミック キックオフ式典 朗唱
2015年3月29日
玉井宮東照宮(岡山県) 奉納奏上
謡バージョン「あけのうた」冒頭 コチラをクリック!
雅楽バージョン「あけのうた」冒頭 コチラをクリック!
CD「ことほぎ」の購入はこちら
七福神祝詞
▲ あけのうたを通じて心の岩戸を開いてくれる神社 枚岡神社
▲ はせくらみゆき オフィシャルHP
はせくらみゆきオフィシャルブログ▲ はせくらみゆきオフィシャルブログ