サンプルイメージ
 

ことほぎ KO TO HO GI

ことほぎジャケットオモテ

ことほぎとは、言葉によって祝福を贈ることを言います。古来より、日本では、言葉には霊 力が宿ると考え、言葉によって祝うことによって、災いを避けたり、願いが成就したりすると考えられていました。その考え方は、現代の日本においても、様々な形で引き継がれています。

このCDは、古来の日本語である「大和言葉」を中心に、宮廷音楽である雅楽の旋律にのせ て、言葉と響きによる祝福をお送りするものです。
(CDことほぎより抜粋)

価格 5,400円(税込)
限定部数の製作で素晴らしい音質で創っております関係上、やむおえず割高になってしまいましたが、大変中身の濃い内容となっております。御縁のある皆様に、さまざまなシーンでご活用いただけますと嬉しく思います。
※5枚以上お買い上げの方に、CDを1枚プレゼントします。
送料 460円(手数料込)
※3枚以上お買い上げの方は送料無料です。


商品の基本情報

発売元 一般社団法人 あけのうた雅楽振興会
発売日 2016年6月21日
音楽・言葉 はせくらみゆき Miyuki Hasekura
編集・監修 雅楽師 由利龍示 Ryoji Yuri
ディスク枚数 1枚
総曲数 9曲
メーカー品番 JPAK- 3694
→右の画像をクリックすると拡大表示します
kotohogi_front_mini kotohogi_back_mini

一般社団法人あけのうた雅楽振興会について

一般社団法人あけのうた雅楽振興会とは、雅楽曲「あけのうた」を中心に、大和言葉で綴られた種々の謡の普及、継承、雅楽奏上の支援、及び、自国文化への理解と研鑽、国内外における文化交流を通して、よりよい社会創りに寄与することを目的とした、社会文化団体です。2015年に設立され、日本を代表するお宮や聖域を中心に、雅楽や謡を奉納すると共に、様々な研修会や行事を開催し、自国文化の理解と向上、研鑽に努めております。最新の情報と詳細については、ホームページをご参照下さい。

あけのうた雅楽振興会オフィシャルサイト https://www.akenoutagagaku.com/

一般社団法人あけのうた雅楽振興会代表理事/アーティスト
はせくらみゆき プロフィール

画家・作家・教育家。生きる歓びをアートや文、多肢にわたる芸術活動で表す。幅広い分野の著作をはじめ、雅楽歌人としても活動。医療分野で絵画療法としても活用されているアートは、魂を揺さぶるミラクルアートと呼ばれ、国内外に多くのファンを持つ。とりわけ、2014年に発表した日本語教育ツール「おとひめカード」は世界中から熱い注目を浴びている。2015年には、(社)あけのうた雅楽振興会を設立。著書に『起こることは全部マル!』(ヒカルランド)、『こころにおひさま、ありがとう』(経済界)他多数。若手アーティストを応援する「アートヴィレッジパーティ」応援団長。(株)アートシンフォニー所属。北海道出身。

演奏・監修雅楽師/由利龍示 プロフィール

春日大社「南部楽所」において雅楽を継承。1984年ロサンゼルスオリンピック、1986年中国公演(北京・上海等)、1990年バチカン宮殿、ローマ法王の前での演奏等をはじめ、インド・中国・ヨーロッパ・アメリカ各国で数多くの海外公演を経験。狂言との共演など、様々な分野で活動している。1999年より、「奈良雅楽アンサンブル」を結成し、より身近に雅楽に親しみ、馴染んでもらうことを目的に、様々な場所で演奏活動に取り組んでいる。代表的なCDとして、2007年にリリースしたCD 「鬼神(Kishin)」がある。

翻訳者/角正 純子 Junko Kakusho /グロス シャノン Shannon Gross
カバーデザイン/須藤聖名子 Minako Suto

試聴

雅楽曲「あけのうた」Opening

雅楽瞑想「光体瞑想〜永遠の今」

CD「ことほぎ KO TO HO GI」購入申込フォーム

CD「ことほぎ KO TO HO GI」の購入は以下のフォームからお申し込みできます。
※5枚以上お買い上げの方に、CDを1枚プレゼントします。
※6枚以上お買い上げの方は、備考欄に購入希望枚数をご記入ください。

会員さまで、登録と異なるご住所に送付を希望される方は、郵便番号とご住所をご記入をお願いします。

[contact-form-7 404 "Not Found"]
謡バージョン「あけのうた」冒頭 コチラをクリック!
雅楽バージョン「あけのうた」冒頭 コチラをクリック!
和心を学ぶあけの会メルマガ
入会のご案内〜詳しくはこちら
ことのは通信
CD「ことほぎ」の購入はこちら
七福神祝詞
▲ あけのうたを通じて心の岩戸を開いてくれる神社 枚岡神社
▲ はせくらみゆき オフィシャルHP
はせくらみゆきオフィシャルブログ▲ はせくらみゆきオフィシャルブログ